わんにゃん応援団☆ぽのぽの★店長日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競走馬ではありません!
2008年02月26日 (火) | 編集 |
国産冷蔵馬肉(赤身)

 Q 国産馬肉は競走馬として飼育された馬で、競走馬としての役目を終えた馬が、
   最終的に馬肉になっていると聞いたのですがそうなのでしょうか?


 お客様から度々質問をいただくのですが、
 ☆ぽのぽの☆で取り扱いしている冷蔵馬肉は、競走馬ではありません。
 他のショップの国産馬肉に関しては分かりかねますが、
 ぽのぽのの馬肉に関しましては、提携している会社の自社牧場にて出産、飼育をし、
 と殺そして解体、加工としております。
 競走馬をと殺して提供は一切しておりません。
 提携会社は、本来人間用の加工工場です。
 ワンちゃん&ネコちゃん用に、ということで加工は人間用の馬肉に比べると粗いです。
 人間用に加工されている馬肉は筋などをすべて除去しているため、
 金額も数倍になります。

 新鮮で美味しい馬肉なのですが、ペット用に販売されてる馬肉のほとんどが競走馬、
 というネットの記事を見かけて悲しくなりました(´・ω・`)
 私が無知なのかもしれませんが、競走馬は種馬とかになるものだと思っていました。
 あれだけの筋肉質の馬を食べておいしいのかな・・・と。

 提携している会社の自社牧場では、
 特別にブレンドした安全で良質な飼料で飼育しております。
 馬肉質の旨味を追求し独自に開拓したブレンドの飼料です。
 詳しい内容につきましては、企業秘密ということでしたが。
 皆様がご心配されてますような抗生剤・ホルモン剤などの使用はないとのことですので、
 ご安心していただけたらと思います。
 厳しくチェックし、国内産の飼料を吟味しているとのことです。

 そして抗生剤・ホルモン剤の使用をしていないということを、
 食肉衛生検査所にて毎月検査してもらっております。
 馬肉 ( 頚部筋肉 ) を検査項目 『 飼料添加物 ・ 動物医薬品13種 』、
 検査方法 『 食品に残留する農薬、
 飼料添加物又は動物医薬品の成分である物質の試験法 』 で行ってもらっています。
 検査結果は定量限界以下 ( 0.005ppm ) になっています。

 さて、せっかく馬肉についての質問がありましたので、
 提携会社の社長などからもいろいろお話を伺いました。

 馬の生産が多い地域は、平成13年の段階では1位は熊本県。
 続いて福島県、福岡県、青森県、岐阜県の順だったそうです。

 馬肉料理がさかんな地域でも、国産にこだわる地域、
 そして輸入の馬肉を扱う地域があるようです。
 熊本県などでは年々馬の肥育頭数が増えており、国産肥育が主体だそうです。
 青森県は国産の馬のほかに、生体が輸入されているそうです。
 長野県では長野県内の肥育馬の出荷頭数は極端に少なくなり、
 食肉での輸入が多くなっているそうです。

 馬肉の輸入を行っているのはどこの国があるのでしょう・・・
 輸入量の多い国はアルゼンチンに続いてブラジル、カナダ、オーストラリア、
 アメリカの順だそうです。
 近年では日本人が好きな 「 霜降り 」 を作ったり日本人の口に合う馬肉作りを
 海外でおこなっているそうです。
 提携会社でも、カナダ産の霜降り馬肉などを多少扱っております。
 仕入れ値の段階で、キロ5000円超です w(゜ー゜;)w
 もちろん、人間用ですが、その値段の高さにびっくりです。
 これが高級料亭に並ぶころには、いったいいくらになるんでしょうね・・・
 仕入れ値を知ってしまうと、あんまり安い値段で売られているのを見ると、
 とっても不思議になります。

 そして世界で馬肉消費量が多い国は・・・となると、1位はフランスです。
 また国民1人あたりの馬肉消責量が多いのはスイスで、
 イタリアでも馬肉は食べられています。
 日本国内での馬肉消費量は、約2万3000tぐらいだそうです。

 そういう点を考えると・・・
 馬肉は、馬の生産から流通までしっかりしていて、安心して食べられること。
 品質管理の行き届いた信頼のできる馬肉販売店などを選んでいただきたいと思います。

 馬肉に含まれる不飽和脂肪酸は、皮膚を強くし、毛艶も良くなると言われております。
 豊富な善玉コレステロールが中性脂肪を排出する役目をしてくれるため、
 ダイエットをしたい犬に馬肉を与えると引き締まった体になり、
 皮膚や毛艶を改善したいワンちゃんやネコちゃんにお勧めです。
 また、馬肉は安全で栄養的にも優れ、消化の良いタンパク質ですので、
 アレルギーのワンちゃん、ネコちゃんにもお勧めの食材です。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。