わんにゃん応援団☆ぽのぽの★店長日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽのぽの通信_No.60
2011年04月01日 (金) | 編集 |
ぽのぽの通信

 今月号 ( 2011年4月 ) は、「災害時に動物を守るには」についてと、
 地震・余震で体調を崩すワンちゃん、ネコちゃんについて書いています。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、
 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
 被災された皆さま、そのご家族の皆さまに対しまして、
 心よりお見舞い申し上げます。
 1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 東北地方のお客様からのご注文は、ご無事を知らせていただいている便りと、
 本当に嬉しいです。
 ワンちゃんだけ被災地を離れて預けられているケースもあったり、
 皆さまご無事で過ごされていたり。
 また、西日本にお住まいのお客様から、被災地域にお住まいのご親戚や
 お友達へ送るご注文も多く、温かいお気持ちとメッセージをたくさんいただきました。

 でもたくさんのワンちゃん、ネコちゃんが亡くなってしまって、
 行方がわからないワンちゃん、ネコちゃんが多いのもまた事実です。
 ご連絡がとれないお客さま、ご連絡をいただいて悲しいご報告も多くて、
 私たちにできることはないのかと、もどかしい気持ちになります。

 今自分にできることをする、たしかにそうなんだと思います。
 愛するご家族、そしてその家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんを
 亡くされた悲しみ、これからの生活の不安、
 直接の被災地域でなくても、関東では計画停電の影響などもあって、
 工場やアミューズメントパークの閉鎖や休業、店舗の縮小なども多くなって、
 元気がなくなってしまいそうなことばかりだけど、
 こんな時だから私たちが元気で頑張らなければ、とそう思います。

 私は宮城県を第二の故郷と思っているほど好きでした。
 お世話になっていた気仙沼の水産加工の社長さん、
 仙台市内から気仙沼に向かう途中にあった美味しい漬けまぐろを出してくれる
 お寿司屋さん、新鮮でほっぺたが落ちそうなほっき飯のお店、
 松島でふぅふぅしながら食べる焼きたての笹かまぼこ、
 途中にあるホッとする美味しいお茶とお団子を出してくれるお茶屋さん、
 街並みも住む人もとても温かい東北の方々、
 時間はかかるかもしれないけれど、復興を心から願い、
 その時はまた東北に行って、たくさん美味しいものを食べて、
 たくさんの元気とパワーを送りたいと、そう思っています。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。